自分だけのオリジナルのホームページを作りたいと思った時、主に2つの方法があります。それは自分でホームページを作成する方法と、ホームページを作成してくれる業者に依頼する方法です。ここでは、それぞれの場合について検討すべき注意点をお伝えします。

ホームページを自作

ホームページを自分で作成するメリット

ホームページ(以下HP)を自作する際には「HTML」(Hyper text Markup language)と呼ばれる、プログラミング言語の一種を習得することが必要です。そういった知識を用いず作成…

Read More

ホームページを自分で作成するデメリット

ホームページを自分で作るデメリットとしてあるのが、時間と手間がかかる点です。ホームページを作ることは難しくないでしょう。しかし、作るときには時間と手間がかかります。作業自体は決して難解ではないので…

Read More

ホームページ専門業者

ホームページを業者に作成してもらうメリット

Read More

ホームページを業者に作成してもらうデメリット

Read More

ホームページ作成業者の選び方

Read More

ホームページ作成ソフトの選び方

自分のレベルに合ったものを選ぶ

ホームページ作成ソフトを購入しようという場合、どういった点を重視して選べばいいのでしょうか。まず、どのようなユーザーをターゲットにしているのかという部分を確認しましょう。ホームページ作成ソフトには、初心者向けから中級者、上級者向けのものまであり、初心者が上級者向けのソフトを買ってしまうと、設定項目が複雑でなにをしていいのかわからないといったことになりがちです。そのため、必ず自分のレベルにあったものを選ぶようにしましょう。 また、ネットオークションなどで中古のソフトを購入する場合は、いつ発売されたのか、最新バージョンなのか、それとも古いものかという点をチェックしましょう。古いものだと、基本となるHTMLも古いものになってしまい、最新のHTML、CSSで作りたい場合は、かなりの部分を手動で書き換えないといけなくなってしまいます。

バージョンアップ版ならお得に導入できる

ホームページ作成ソフトによっては、中身は同じでも「通常版」「バージョンアップ版」といった風に、複数のバージョンが存在しているものもあります。こうしたタイプのソフトを選ぶ場合、何年も前に発売された古いバージョンをオークションなどで購入し、そのあと、最新のバージョンアップ版を買うとお得です。 というのは、通常版とバージョンアップ版で値段が一万円以上、違うことも少なくなく、仮に古いバージョンのソフトを三千円程度で購入し、さらに最新のバージョンアップ版を新品で買ったとしても、通常版の値段よりも七千円程度安くなるからです。古いバージョンのディスクはバージョンアップ版のインストール時のみ使用するので、インストール完了後は不要になり、手放してもかまいません。